SSブログ
カルチャー ブログトップ

仙人男子 とは? 仙人男子と流行りコトバ PART 2 [カルチャー]

 PART 1 のオープニングに書いたように、話が仙人男子とは全然ちがうと
ころにとんでしまいました。 PART 2 では 社会系のアカデミックな話題を扱
っております。

images.jpg

 それではつづきです。

 前回の最後の部分で、“歴史は経済で動いている” とかなんとかいうフレ
ーズがでてきたと思います。

 ということで、ここで話題の方向を大きく変えて、社会系の話をしよっかな
と思うのですが、話がかたっくるしーと思う方は、残念ですがスルーされて
もガマンします。

  でも、なるべく読んでくださいね ! !

 さて、いきなりですが、国(国家)とはいったい何でしょうか? というか、以
前の僕もそうでしたが、国というのはずーっと昔からあるモノのような気がし
ますよね?

 だけど、実際はそうではないのです。 意外と新しいものなんです。 しかも、
国(正しくいうと “国民国家” というのですがそれはさておき)というのは自然
発生的なものでもありません。

 それは、せいぜいココ 2~3百年のうちに極めて人工的に作られたものな
のです。

 それでは、なぜ国は作られたのか?

  それは、どうしても必要だったからです。

  つまりはどういうこと?

 ・・・・・・ 以下でお話ししていきます。

 大昔から、人々は経済活動というか商売をして暮らしています。 そしてそ
の活動は時代とともにカタチを変え、発展し、規模が大きくなっていきます。
それはだいたいこんな感じ。

 物々交換 ⇒ 店・行商 ⇒ 家内制手工業
                  ⇒ 問屋制家内工業 ⇒ 軽工業 ⇒ 重工業

 これらは、発展するにしたがって、より大きな規模の場所と人員が必要と
なってきます。

 たとえば家内制手工業というのは、文字通り家の中で家族ほどの人数で
行うことができる商売ですが、それが問屋制家内工業になるともう少し大き
な規模が必要になってきます。

 20人~30人ほどの人員と体育館くらいの大きさの場所くらいかな。

 さらに進んで軽工業、重工業というふうになってくると、町単位であるとか
郡、県という単位が必要になってきます。

 産業革命が起こってからしばらくの間は、県とか州とかそのくらいの単位
でまかなうことができていたのですが、それがやがて帝国主義とかいう時代
に入っていって鉄道だとか軍艦だとか、その材料である製鉄所とか、そうい
ったモノを造るとなるともっと大きな単位が必要となってきます。

 しかも、ライバルとの競争に勝つために効率化を図らなければならないと
なると、どうしても大きなまとまりが必要だということになってきます。

 ・・・・・・ ということで、欧米などの工業化が進んだ地域では、他国と対抗
するために急いでそれを作らなければならなくなったワケです。

 たしかに、それ以前から国という地域的まとまりは存在してはいました。

 それはキリスト教の 「教区」 や、人民から税を徴収するために整理され
た区画といった、どちらかというと統治者が地域の人民を支配するために
設けられたまとまり。

 それに対して、いまココで話している19世紀に成立した 「国家」 というの
は、ひとつの経済的なまとまりとして機能し、主体として行動する擬人的な
存在です。

  そして、国家という1つの商売的まとまりとして行動するにあたって、その
構成員たちにはチームワークが必要であって、また、やる気を高めるため
には一体感や連帯感があったほうがいい。

 では、そういった一体感や連帯感を手っ取り早くこしらえるにはどーすれ
ばイイのか?

 そこで誕生したのが 「国民」 という幻想だったということです。

 お偉方たちは、この幻想をホントっぽく思わせるためにイロイロと考え、
工夫をこらしました。

 ヨーロッパを例にとります。 たとえば、“スコットランドの民族衣装” である
とか、 「スイスの民族楽器アルプスホルン」 とか、あーいうのは全部ウソっ
ぱちです。  

 もちろん、そういう衣装とか楽器がそのあたりに昔からあったのは本当な
のですが。

 アルプスホルンの場合は次のような感じです。

00horn.jpg

 スイスの偉い人たちは考えました。 はたらきバチたちの連帯感を高めるため
になにかその象徴になるものはないかな~?

 “民族楽器” というのはどお? 

 民族楽器? それってなんか言葉のつながりがおかしくないか? ふつう民族
楽器なんて言い方する?

 え~? わかんないけど。 でもね、俺のいなかにへんな楽器屋があって、そこ
のじいさんが、へんな、パイプの化け物みたいな楽器をつくってるんだよね。
その音がけっこう笑えるんだよ。

 ふーん。 じゃあ、もうそれでイイよ。

 ・・・・・・ という会話があったかどうかはともかく、国の中のどこかに存在する
印象的なものを探してきて、

 それを 「この国で昔から人々に愛されている伝統の民族 ~ 」 というコトにし
てしまうワケです。 アルプスホルンの場合は本当にこんな感じだったようです。

00horn.jpg

http://youtu.be/Ko5l4E7w4qY

PART 3 につづきます
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

仙人男子 とは? 仙人男子と流行りコトバ PART 1 [カルチャー]

 この文章は、「仙人男子」 というコトバの意味から始まって、“流行りコトバ”
についての話であるとか、いろんなトコロにとんでいきます。 ついて来い ! !

 2013年7月末の現在、ちまたでは 「仙人男子」 なる男性が持てはやされ
そう、というコトで話題になっているようです。

 ということで、 まずは 「仙人男子」 に関するニュースをお伝えします。

 女性向けファッション誌 『GINGER』 9月号の企画 「働くいいおんなの “心
地いい生活” 白書」 内で、アラサー女性が注目する 「仙人男子」 について
特集されている。

 「仙人男子」 とは、“遊びも仕事も肩肘張らずに楽しむのがモットー”、“ファ
ッションはブランドよりも着心地重視” などを特徴とする、恋愛への関心が低
めなタイプの男性のこと。

images.jpg

 「恋愛に振り回されない超然とした態度が良い」 「スタンスがしっかりしてい
て安心感がある」 と女性の人気を静かに集めている。

 誌面では、「仙人男子」 との付き合い方を指南したり、リアル「仙人男子」 が
登場するなど、あらゆる方向から 「仙人男子」 を徹底分析している。

 ・・・・・・ と、「仙人男子」 についてはこのへんで許していただいて、

 ボクが言いたいのは、もう少し目線を引いた話なのです。

 男子の系統として、仙人男子、草食系男子、ロールキャベツ系男子、古くは
しょう油顔、ソース顔であるとか、 ・・・・・ ほかにあんまし出てきませんが ・・・・

 とにかく、こういう雑誌のネタになりそうな用語というか流行りコトバというか、
こういうモノが毎年毎年登場してくるワケです。

 こういう流行りコトバなどは、はたして誰が考え出しているのでしょうか?

 歴代のこういうコトバの中には自然発生に近いモノもあったかもしれません
が、全てがそうではないハズです。

 ということは、こういうコトバは例えば雑誌の編集部などで生まれるのでしょ
うか?

 「このフレーズさあ、ホントはじぇんじぇん流行ってなんかないけど、流行って
るってことにしちゃおうよ~。 だいじょうぶだよ~、活字にしちゃえばなんだって
それっぽくなるんだから ! ! だって、もう今から取材する時間なんてないでしょ」

 なーんてコトもあるんでしょう。 きっと。

 仙人男子に連なるようなコトバのハシリは、おそらく 「アッシー君」 あたりな
のではないでしょうか?

 80年代半ばですね。 雑誌でいうと 『ポパイ』 とか 『ホットドックプレス』 が
全盛のころ。

無題.png   無題.png

 ちなみに流行語大賞の発足が1984年。 新人類というコトバは86年。

 この頃は世俗的な文化が大きく変化していた時代で、時代の担い手が大人
から若者へと移ってきたあたりだと思います。 雑誌でいうと 『週刊プレイボー
イ』 『平凡パンチ』 から、いま挙げた 『ポパイ』 『ホットドックプレス』 への変化。

無題.png   無題.png

 それともう1つは、女性が時代の前面に出てきたという変化もあったと思い
ます。 『ポパイ』 『ホットドックプレス』 の記事内容は、そのほとんどが男が女
性を祀り上げるコトで成り立っていたような気がします。

 「アッシー君」 のほか、「貢ぐ君」 なんていうのもありました。

 これはもっと基をたどれば、日本が豊かになってきて、人々がモノを買ったり
遊んだりでお金を使うようになってきた。 そしてその場合、お金を使うのは男よ
りもやっぱり女性である、もしくは女性を目当てにした男性である(=こちらの
場合も基本は女性)というのがハッキリしてきた。

 ということで、女性をたてまつるような若者雑誌カルチャーになっていったん
だと思います。

 考えてみれば、雑誌というモノは、存在まるごと折り込み広告みたいなもの
ですから、いちばんお金を使ってくれるお客さん=女性をたてまつるのは当然
ですね。

 歴史はつねに経済で動いているということかな?

 歴史はつねに経済で動いている、といえば ・・・・・・ というコトで、ここからは
少し話題をシフトすることにしましょう。

 このつづきは PART 2 で

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
カルチャー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。